映画「アクアマン」メラを演じる女優アンバー・ハードのハードな人生

2019年2月8日に日本で公開された映画「アクアマン」で、ヒロインのメラを演じたアンバー・ハードをご存知ですか?

かつてはジョニー・デップと結婚しており、スピード離婚したことでも有名ですよね。

そんな彼女ですが、実はけっこう苦労人だという事をご存知でしょうか。

この記事では、そんな彼女の半生と私生活についてご紹介します。

アンバー・ハードは親友の死により哲学の道へ「神はいない」

アンバー・ラウラ・ハードは、アメリカのテキサス州の首都オースティンで生まれました。

高校を中退してしまったため、その後は自宅学習により卒業資格を取得しました。

さらに アンバー・ハードが16歳の時、大きな不幸が彼女を襲います。

彼女の親友が、突然の交通事故により亡くなってしまったのです。

この時のショックは凄まじかったようで、カトリック教徒から無神論者に転向してしまったほどです。

またその当時は、ボーイフレンドに教えてもらったアイン・ランドさんという有名な哲学者の本を、取り憑かれたように読み漁っていたと言います。

余談ですが、アンバー・ハードは読書家としても知られており、映画「アクアマン」の撮影中にも、休憩時間に本を読んでいたアンバーにアクアマン役のジェイソンがちょっかいをかけて怒られたというエピソードもあります(笑)

女優人生も波乱万丈!アンバー・ハード主演ドラマがまさかの打ち切りに

2004年から女優活動を開始した アンバー・ハードでしたが、最初はミュージックビデオの小さな役や、10代向けのドラマに端役として出演するくらいでした。

しかし2005年以降は、ドラマ「クリミナル・マインド」のメインキャラクターの恋人役や、ドラマ「ノースカントリー」でシャーリーズ・セロンの若かりし頃の役を演じるなど、精力的に活動していきます。

このまま順調にキャリアを重ねていくかに見えましたが、幸運は長くは続きませんでした。

2007年に10代向けドラマのメインキャラクターに選ばれ、 役作りのために11キロも減量して挑んだにも関わらず、そのドラマがわずか8週間で打ち切りとなってしまったのです 。

結局その年の仕事は、ショートフィルムや、インディーズドラマに出演するのみとなりました。

波に乗ったアンバー・ハード、出演映画で大躍進!

しかし翌年の2008年、アンバー・ハードに転機が訪れます。

彼女が出演したコメディ映画「パイナップル・エクスプレス」と、アクション映画「ネバー・バック・ダウン」が、二つとも大ヒットしたのです!

さらにこの功績により、アンバー・ハードは、ハリウッドの映画祭(ヤング・ハリウッド・アワーズ)で、ブレークスルー賞を受賞します!

その後は数々の有名ドラマや映画に出演し、着実にキャリアを築いていきました。

2017年までに出演した映画とドラマの数は、なんと20本以上!

さらに、いくつかの栄誉ある賞も獲得しています。

女性も男性も好きだけど? アンバー・ハードからアンバー・デップに!

そんなアンバー・ハードですが、実はプライベートでは、女性も男性も好きな「バイセクシュアル」だと公言しています。

2008年~2012年までは、写真家でアーティストでもある、ターシャ・ヴァン・リーと交際していました。

ですがその後、2011年に共演したジョニー・デップと同棲を開始。

2015年に二人は結婚しますが、翌年の2017年には離婚してしまいます。

まさに、波乱万丈な人生ですね!

原因はジョニー・デップの家庭内暴力だとアンバー・ハード側は主張していますが、これについてジョニー・デップ側は否定しているようです。

アンバー・ハードはその後、家庭内暴力や性的暴力の被害者のために活動するなどしており、ジョニー・デップから貰った慰謝料も、児童病院などの福祉施設に寄付しています。

その後は、大実業家のイーロン・マスクさんとも一時期交際していたと報道がありました。

アンバー・ハードの人生哲学、「自分を”こんな人間だ”と決めつけたくない 」

ここで、2010年にGLAAD(LGBTを支援する非営利団体)のイベントで発表された、アンバー・ハードのコメントを見てみましょう。

I don’t label myself one way or another—I have had successful relationships with men and now a woman. I love who I love; it’s the person that matters.

「私は自分を”こんな人間だ”と決めつけたくない。男性でも女性でも、これまで上手く付き合ってこれたわ。相手が誰であれ、私が好きになった人が、私の好きな人なの。」(私訳)


Wikipedia

人生の荒波をいくつも乗り越えてきた、アンバー・ハード。

言葉の一つ一つがカッコ良すぎます!

これだけ芯のある方なら、「戦うヒロイン」としてのアクアマンのメラ役にもぴったりですね!

金髪のイメージが強いアンバー・ハードですが、赤い髪にピッタリとした海洋スーツでアクアマンと共に戦うメラもとてもハマり役です。

是非、DVDなどで彼女の勇姿を確認してみて下さい!

コメント