【ネタバレ注意!】映画「アクアマン」ストーリーと感想

2019年2月8日に、映画「アクアマン」がいよいよ公開されました!

この記事は、待望のDCEU映画の第6弾、映画「アクアマン」の感想です。

ガッツリネタバレしておりますので、気になる方は是非映画を観てから読んでくださいね!

なお、アクアマンのDVD&ブルーレイは、近日発売予定です!

原作よりもムキムキ?アクアマンの幼少時代が可愛過ぎる!

ストーリー>

1985年の嵐の夜、灯台守のトーマス・カリーは海辺に打ち上げられていた謎の女性を助けます。彼女は大きな槍を持ち不思議なスーツに身を包んでおり、なおかつ腹部に重症を負っていました。彼女を介抱したトーマスが名前を尋ねると、彼女は自分が海底王国アトランティスの王女アトランナであり、意に沿わぬ政略結婚から逃げてきた事を告げます。

やがて二人は惹かれ合いアーサーという男の子を授かりますが、幸せな日々は長く続かずアトランナを連れ戻すべくアトランティスより刺客が送られてきます。なんとか刺客を撃退したアトランナでしたが、トーマスとアーサーに危害が加わる事を恐れ、自らアトランティスに帰っていきます。

やがて成長したアーサー・カリーは、アクアマンとして潜水艦乗りや地元住民の人気を集めますが、自身が混血であることや母が自分のせいで死んだことに負い目を感じているのでした。

感想>

もうこの二人の出会いだけで最初から涙目でした。

地上の知識が無いアトランナに誠実かつ気さくに接するトーマスと、徐々に警戒心を解いていくアトランナ。

アトランナが去った後も、トーマスは毎朝桟橋を訪れて彼女の帰りを待っていたわけですから、二人の愛の深さが伝わってきます。

あとなにげにトーマスの飼っているゴールデン・レトリバーの子犬が良い演技をしていました(笑)

アーサーが大きくなるにつれ年をとっていくこの犬が、トーマスとアトランナが過ごした日々を上手く象徴していたと思います。

さらに注目だったのが、アクアマンことアーサーの幼少時代です。

いまでこそムキムキマッチョなアクアマンですが(原作ではバットマンやスーパーマンと比べて細マッチョなイメージなんですが)、子供のころは背も低く内気な感じで学校の悪ガキにからかわれたりしています。

ですがこの頃には既に海の生物たちと会話する能力があり、水族館で彼を苛めた悪ガキたちに怒ったサメがガラスに激突するシーンは、こちらでもビビってしまう程の恐ろしさ!

その後アーサーのバックに水槽中の魚たちが集まってくるシーンも、彼の将来を暗示しているかのように見えます。

成長したアクアマンは、海賊に乗っ取られた潜水艦を救助するなど海でのトラブルを解決することを責務としているようで、ここでブラック・マンタが登場します。

悪人ブラック・マンタことデイヴィッド・ハイドも、粗暴な人物ではあるのですが親子の情には厚く、父一人子一人で育った父親思いのアクアマンと共通するものがあります。

ストーリー中にブラック・マンタと父親とのちょっといい話が挟まることで、助けられたはずの父を見捨てたアクアマンへの憎悪を演出するのに一役かっています。

それにしてもアクアマンが地元でちょっとしたヒーローになっていたり、彼らに写真を求められて一緒に酒を飲んではしゃいだりするなど、前作「ジャスティス・リーグ」の頃よりも垢抜けたイメージになっていましたね。

アクアマンの弟オームの策略と、許嫁メラの決意

<ストーリー>

一方その頃、海底王国アトランティスの王であるオームは、ゼベル王国の王ネリウスに地上を攻撃するための同盟を持ちかけていました。一度は拒否するネリウス王でしたが、二人が会談しているところへ地上の潜水艦が攻撃を仕掛けてきます。これを撃退したオームは地上侵攻の正当性を説き、ネリウス王もこれに同意します。

ですがこの潜水艦による攻撃は、オームがブラック・マンタを使い仕掛けた自作自演なのでした。

トーマスと帰路についていたアクアマンは、道中街を洗い流すほどの大津波に襲われます。海中を自在に泳ぎ回れるアーサーとは違い、トーマスは車ごと波に攫われ絶体絶命となりますが、そこをゼベル王国の王女メラが危機一髪で救出します。

メラに地上との戦争を回避するよう依頼され一度は断ったアクアマンでしたが、地上を襲った被害を目の当たりにし、アトランティスへ行く決意をします。アトランティスでかつての師ヴァルコと再会したアクアマンは、真の王である証トライデント(三股の槍)の話を聞かされます。この槍を持つ者が七つの国の正式な王となる事を説くヴァルコでしたが、そこへアトランティスの軍隊が突入してきます。

捕らえられたアーサーは王であるオームの元に引き立てられ、そこでどちらが王に相応しいか決闘を持ちかけられるのでした。

<感想>

ヒーローものでお約束の、「一度負けた主人公が再戦でリベンジする」王道パターンですね!

アトランティス市民達の見守る中、炎(海底マグマ)のリングでオームと決闘するアクアマンでしたが、市民たちの印象は最悪らしく明らかにアウェーです。

激闘の末、母から譲り受けた槍をオームに折られ負けてしまいますが、窮地をメラに助けられ二人でアトランティスから逃亡します。

目的はトライデントを手に入れ、アーサーを王として認めさせることです。

ここでの見所は、何といってもアトランティスの文化レベルと科学技術の高さです。

海中でも呼吸ができるようにしたり、水を使ったホログラムや水をビームに変換するなど、明らかに地上よりも科学力が発達しています。

超未来的なデザインの街並みを、鯨とかが悠々と泳いでいる景色はそれだけでも幻想的でうっとりしてしまいます。

しかも光の印象がどれもクラゲっぽいんですよね。クラゲの発光色というか、メラのドレスも明らかにクラゲを意識していると思います。

ところで、アクアマンがメラに名前を尋ねるシーンがあったのですが、映画「ジャスティス・リーグ」で普通に話してませんでしたっけ?てっきり既に知り合いなんだと思ってました。(一応確認したら、確かに名前は言ってませんでした)

母とまさかの再会!とうとうトライデント(三叉の槍)を手にするアクアマン

<ストーリー>

アトランティスを脱出したアクアマン達は、砂漠の国へと向かいます。そこで手がかりを得た一行はイタリアのシチリア島で次の目的地を特定しますが、そこへブラック・マンタが襲いかかります。オームにバトルスーツと精鋭部隊を与えられたデイヴィッドは、自らをブラック・マンタと名乗りアクアマンに襲いかかります。

ブラック・マンタを撃退し次の目的地である海溝(トレンチ)へと向かったアクアマン達でしたが、そこへ海を覆い尽くすほどのトレンチ達の大群が襲いかかります。絶対絶命かに見えましたがトレンチ達が苦手とする光の強い方へ逃げていくと、そこには隠された地球のコアがありました。しかも窮地のメラを救った人物は、かつてトレンチに生贄として捧げられたはずのアトランナだったのです!

奇跡の再会を果たしたアクアマンとアトランナ女王は、親子として長年の空白を埋めていきます。アトランナからトライデントがこの地にあること、それを伝説の怪物カラセンが守っていること、トライデントがあればこの地を脱出出来ることを教えられます。

初代アトラン王と同様に海の生き物と意思を疎通できるアーサーはカラセンに認められ、ついにトライデントを手にするのでした。

<感想>

アクアマンとメラの二人による旅の始まりです。

衝突しながらも徐々に認め合っていく二人。シチリア島でのデート(?)では、花束を食べ物と勘違いするメラに合わせて自分も花を食べてみせるなど、アーサーの人となりがよく見えました。

それにしても、メラが可愛い!

普段はとにかく強くてカッコイイ、意思の強い女性というイメージなんですが、初めての地上(しかも風光明媚なシチリア島)にワクワクしている様子が強く伝わってきます。

ところでブラック・マンタに位置を特定された原因が、オームに許嫁の印として送られたブレスレットに発信機が仕込まれていたからで、ここではオームの性格の陰湿さが強調されていましたね。

「母の形見だ」とか言って贈ったブレスレットに発信機を取り付けるわ、ゼベル王には助けると言いつつ裏ではメラの抹殺を命令するわ、政略結婚とは言え冷酷過ぎる感じです。

アトランナ女王も政略結婚が嫌で逃げ出したようですが、オームが父親似だったとすると父王もさぞかし嫌なやつだったんだろうなと(いくらアーサーを生んだことを怒ったからとは言え、奥さんを化物の生贄にするくらいですし)。

手に汗握る海中決戦!王になるアクアマンと、感動の再会

<ストーリー>

甲殻族を攻めるため、オームとゼベル王は魚人国の王に同盟を持ちかけますが、同意しない王を殺害しその娘である王女に無理やり軍を出動させます。

甲殻族との交戦の真っ只中、伝説の武器トライデントを携え伝説の怪物カラセンを従えたアクアマンが颯爽とかけつけます。次々とアトランティス軍を撃破していくアクアマン。さらに海の生物たちを味方に付け、圧倒的な力を見せつけるアクアマンを兵士達も真の王として認識し始めます。

再び決闘し雌雄を決さんとする二人の王の元へ、アトランナ女王が駆けつけます。てっきり死んだと思っていた母の顔を見たオームは、母が自分を愛している事と兄が母を救い出したことを知り、罪を認めます。

アクアマンは七つの海の王として認められ、アトランナは愛するトーマスの元へ帰るのでした。

<感想>

魚人族はまさしく半魚人(マーマン)といった感じの種族で、詩とかを愛する教養深い種族のようです。

そこへ乗り込んで父王を殺害したあげく、それを目の前で見ていた王女(たぶんまだ子供)に軍の出動を強要するとか、オームどんだけ外道なのかと思いました。

アクアマンとオームの対決ですが、二人の衣装にも注目ですね。

アクアマンがトライデントを手にした事で、ここでようやく原作コミック同様の金色と緑色のアーマー姿になるのですが、対する弟オームの衣装は銀と紫。

わかりやすくてイイです。最初の決闘の時は二人共似たような鎧だったので、途中からどっちがどっちだか分からなくなったので(笑)

最後はいろいろと伏線が回収されていましたね。

よく「魚と喋れるからなに?」とネタにされがちなアクアマンの能力ですが、終盤の敵味方問わずすべての海の生き物がアクアマン側に付くシーンは、序盤の水族館と重なります。

またヴァルコに教えられた槍の使い方をアクアマンが戦いの中で披露したり、トーマスとアトランナの出会いが世界を変えたと語るエピローグなど、希望の持てる綺麗な終わり方だったと思います。

ところでヴァルコですが、彼はオームの父の代から信頼できる参謀として使えていたそうですが、幼少期からアーサーを鍛え内心「アーサーこそが王に相応しい」と考えながらオームに仕えていたわけです。(オームとしてはそんなヴァルコの心はお見通しだったようですが)

つまりオームとしては、両親はいない、半分血の繋がった兄も頼れない、許嫁にも心を許せない、一番の部下も信用できないという状況だったわけです。

そう考えるとオームって味方が一人もいない孤独な王という感じで、なんだか気の毒な感じもしますね。

アーサーが「お前はひとりじゃないんだ」と言ったとおり、今後は家族の絆を取り戻していけると良いのですが。

お約束のELも必見!美しい歌声と映像にうっとり

エンディング曲は、今回この映画のために書き下ろされたSkylar Greyによる’Everything I Need’です。

この曲と共に流れる海底の美しい映像は必見ですよ!

ちなみにこのシリーズのお約束とも言えるEL(エンドロール)には、ブラック・マンタが登場しました!

途中で盛大に吹き飛ばされた挙句、海に落ちて死んだかに見えたブラック・マンタでしたが、ちゃっかり救助されて生き延びています。

しかも彼を助けたのは、劇中でもたびたび登場していたシン博士です。

彼はアトランティス狂いとして知られており、どうにかして自身の説を世間に認めさせようと必死になっています。

シン博士は言います「アトランティスは何処にある?教えてくれ!」。

それに対するブラック・マンタの答えはこうです「いいだろう、その代わり報酬はアクアマンだ」と。

 

いかがでしたか?

この映画はストーリーの面白さも然ることながら、とにかく映像の迫力が素晴らしかったです!

海中を泳ぐアクアマンの視点を体験できたり、海の生き物たちの迫力も本当に凄いので、普段インドアな人でも、これを見たらこの夏は海に行きたくなるかもしれません(笑)

映画「アクアマン」のDVD&ブルーレイは2019年7月3日に発売される他、5月8日からデジタル配信もされますので、是非その目で感動の物語を味わってください!

コメント