アニメ映画「ニンジャ・バットマン」あらすじとキャラクター解説

2018年6月に公開された映画「ニンジャ・バットマン」はもうご覧になりましたか?

日本で製作された戦国時代×バットマンという、なかなかにブッ飛んだ内容なのですが、これが物凄く面白く是非オススメしたい作品です。

それでは、早速内容を見ていきましょう!

映画「ニンジャ・バットマン」のあらすじ

ゴリラ・グロッドの怪しい実験を阻止しようとしたバットマンは、アーカム・アサイラムに乗り込みます。

ですが実験に巻き込まれてしまい、気がつくとそこは戦国時代の日本でした。

街中で途方にくれるバットマンでしたが、そこへ怪しい面をつけた兵士たちが駆けつけます。

兵士は、「蝙蝠の姿をした異人を見たら殺せ、それがお館様の命令だ」と告げます。

お館様の正体を探るため夜になり城に忍び込むと、そこに居たのは実験に巻き込まれ消えたはずのジョーカーとハーレイ・クインでした。

兵士たちに囲まれ、多勢に無勢といったん退却したバットマンは、キャット・ウーマン(セリーナ・カイル)と合流します。

そこで自分があの場にいた他の者たちより約2年遅れでこの時代にやってきた事、他の悪人(ヴィラン)たちも各地の戦国大名と入れ替わり暗躍を続けている事を知ります。

同じく過去に飛ばされたアルフレッドが整備してくれていたバットモービルで再び城に乗り込むバットマンでしたが、ジョーカーが用意していた城のからくりにより撃退されてしまいます。

危機一髪のところを蝙蝠衆と名乗る謎の集団に助けられ、ナイトウィング達と合流したバットマンは、再起を図るためゴリラ・グロッドと手を組むのでした。

映画「ニンジャ・バットマン」に登場するキャラクター

映画「ニンジャ・バットマン」に登場するキャラクターの紹介です。

今回はオマケとして、担当声優さんが過去に演じたDC作品についても書いておきます。

調べてみると、意外な人が意外なキャラを演じていたりして面白かったです。

バットマン(ブルース・ウェイン)

ゴリラ・グロッドの企みを阻止しようとしたところ、事故に巻き込まれ戦国時代の日本に飛ばされます。

ジョーカーとの戦いで近代兵器を失いますが、仲間たちと共に再起を図ります。

声優は、山寺宏一さんが担当しています。

DC作品:映画「レゴムービー」シリーズ、映画「バットマン」、映画「バットマンリターンズ」(全てバットマン役)、ドラマ&映画「ザ・フラッシュ」(バリー・アレン/フラッシュ役)

キャットウーマン(セリーナ・カイル)

ゴリラ・グロッドの発明品を盗もうとしていたところ、事故に巻き込まれ戦国時代の日本に飛ばされます。

21世紀に帰りたいと願うあまり一度はゴリラ・グロッド側に寝返りますが、ハーレイ・クインへの意趣返しのため最後はバットマンと手を組みます。

声優は、加隈亜衣さんが担当しています。

第六天魔王ジョーカー

尾張の織田信長と入れ替わり、亜火無城(アーカム城)を建設します。

声優は、高木渉さんが担当しています。

DC作品:映画「DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団」(サイボーグ役)

魔小姓ハーレイ・クイン

森蘭丸と入れ替わり、ジョーカーをMr.殿と呼んで仕えています。

声優は、釘宮理恵さんが担当しています。

風林火鳥ペンギン

甲斐の武田信玄と入れ替わり、鳥人城を建設します。

黄金の国と呼ばれる日本の全ての金を手中に収めようとしています。

声優は、チョーさんが担当しています。

DC作品:アニメ「ザ・バットマン」(トイメーカー / コズモ・クランク役)、アニメ「スーパーマン」(マッドハッター / ジャービス・テッチ役)

美毒麗将ポイズン・アイビー

越後の上杉謙信と入れ替わり、樹毒城を建設します。

緑豊かな日本を植物たちの楽園にしようとしています。

声優は、田中敦子さんが担当しています。

DC作品:映画「バットマン フォーエヴァー」(チェイス・メリディアン博士役)、映画「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(ポイズン・アイビー役) 、映画「コンスタンティン」(ガブリエル役)、映画「マン・オブ・スティール」(ファオラ=ウル役)

独眼銃政宗デス・ストローク

陸奥の伊達政宗と入れ替わり、擊砲城を建設します。

声優は、諏訪部順一さんが担当しています。

DC作品:映画「ジャスティス・リーグ」(サイボーグ/ビクター・ストーン役)、映画「ダークナイト」(スケアクロウ/ジョナサン・クレイン役)、アニメ「バットマン:ブレイブ&ボールド」(ファントム・ストレンジャー役、アブラ・カタブラ役)

双面武神トゥー・フェイス

近江の武将と入れ替わり、ジョーカー側に付いています。

声優は、森川智之さんが担当しています。

DC作品:映画「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(ロビン/ディック・グレイソン役)、映画「コンスタンティン」(ジョン・コンスタンティン役)、アニメ「バットマン」(ビリー役)、映画「レゴムービー」(スーパーマン役)

ゴリラ・グロッド

フラッシュの宿敵の一人で、科学実験により高度な知性とテレパシー能力を持つゴリラです。

自分の計画に邪魔な悪人(ヴィラン)たちを時空の彼方に追放しようと、時空震エンジンを発明します。

声優は、子安武人さんが担当しています。

DC作品:映画「スーサイド・スクワッド」、「レゴ・バットマン」(ジョーカー役)

ナイトウィング

初代ロビンを勤めていましたが、現在はナイトウィングとして単独で行動しています。

日本に来てからは、蝙蝠衆の体術と21世紀の技を組み合わせる事により、新たな技法を生み出そうとしています。

余談ですが、髪型とマスクと忍者装束が往年の少年忍者を彷彿とさせます。

声優は、小野大輔さんが担当しています。

DC作品:ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」(ジム・ゴードン役)

レッド・フード

2代目ロビンを勤めていましたが、ジョーカーに殺害されました。

復活した後はレッド・フードとして活動しています。

激情的な性格で、恨みのあるジョーカーとハーレイ・クインに対し暴力的に接します。

日本では虚無僧のような格好で全国を周り、情報収集をしています。

声優は、石田彰さんが担当しています。

DC作品:アニメ「バットマン:ブレイブ&ボールド」(トルネードタイラント役 / トルネードチャンピオン役)

レッド・ロビン

3代目ロビンを勤めていた天才です。

現在は、レッド・ロビンと名乗り活動しています。

日本では忍者のような格好をしており、鍛冶技術を使い武器を製造しています。

声優は、河西健吾さんが担当しています。

DC作品:ドラマ「ヤング・スーパーマン」(コナー・ケント役)

ロビン(ダミアン・ウェイン)

4代目の現役ロビンであり、バットマンの一人息子です。

日本に来てからは、この時代の子供がする芥子頭のような髪型になっています。

猿のモン吉&モン美と仲良くなります。

声優は、梶裕貴さんが担当しています。

DC作品:アニメ「バットマン ゴッサムナイト」(Bデビル役)

アルフレッド・ペニーワース

市長主催のパーティーにバットマンを送迎するため、アーカム・アサイラムの近くで待機しており、事故に巻き込まれてしまいました。

日本に来てからもバットモービルの整備を怠らず、バットマンの到着を待っていました。

また、茶葉を発酵させて紅茶を作るなど、食事面でもバットマンたちをサポートします。

声優は、大塚芳忠さんが担当しています。

DC作品:映画「バットマン ビギンズ」(ジム・ゴードン役)、映画「ダークナイト」(ジョーカー役)、映画「キャットウーマン」(ジョージ・ヘデア 役)、映画「バットマン」(アレクサンダー・ノックス役)、ドラマ「ヤング・スーパーマン」(クリストファー・リーヴ役)、アニメ「バットマン」(アンソニー・ロムレス役)、アニメ「バットマン:ブレイブ&ボールド」(シャーロック・ホームズ役)

蝙蝠衆

飛騨の山里に隠れ住む、忍びの一族です。

古来より伝わる掟に従い、バットマンたちに加勢します。

横綱仮面ベイン

力士のような格好で、ジョーカーの部下としてバットマンに挑みます。

声優は、三宅健太さんが担当しています。

DC作品:ドラマ「ARROW/アロー」、ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」(ジョン・ディグル役)、アニメ「ザ・バットマン」(ジョン・グレイソン役)

映画「ニンジャ・バットマン」の個人的感想

1時間25分の短い時間に内容が凝縮されているため、いくつか伏線が回収できていないところがあったのが残念でした。(悪役たちが入れ替わった戦国武将たちはどこに行ったのか?結局、蝙蝠衆の伝承の由来はなんだったのか?など)

途中で城が変形して合体ロボになるところは凄くシュールでしたが(特に双面城)、バットマンとキャット・ウーマンのやり取りや、ジョーカーとハーレイのコンビが楽しいシーン、トゥー・フェイスの寝返りなど、全体的にちゃんとツボを押さえて作ってある感じでした。

この作品は全体的にいろいろな意味で「THE 日本」を意識して作られていますが、現代に帰ってからのELの演出はアメコミ風でカッコよかったです!

あと個人的に良かった点は、ジョーカーとハーレイ・クインのキャラクターが、1990年代アニメ「バットマン」の青野武さん演じるジョーカーと伊藤美紀さん演じるハーレイ・クインに近い感じだったことです。

ゴードンに引き渡される悪役たちが、いかにもお白洲にしょっぴかれる極悪人風だったのも上手く作ってあるなと感じました。

「ニンジャ・バットマン」久正人さんによるコミカライズが発売!

この「ニンジャ・バットマン」ですが、なんとコミカライズもされており、上巻が2019年3月5日に発売されました!

作画は「ジャヴァウォッキー」や「ノブナガン」で有名な久正人さんです!

私も早速読みましたが、映画のストーリーを踏襲しつつもオリジナル要素がふんだんに盛り込まれており、若干流れも変えてあるようでした。

ですが、ストーリーの幕間など映画では回収されなかった伏線が上手く説明されており、キャラクター同士の関係や会話は、 「きっとこんなやり取りがあったんだろうな」と思わせられます。

コントラストの強い久正人さんの絵も、アメコミにとてもマッチしていますね。

下巻は2019年秋に発売予定とのことなので、続きを読めるのが今からとても楽しみです。

ちなみに上巻は特性Tシャツが付いた特別版も販売されていますので、気になる方はチェックしてみてください!

コメント