【アメリカの有名声優3人】バットマンたちの声を当てている名声優さんたちを紹介!

日本でバットマンと言えば山寺宏一さん、ポイズン・アイビーと言えば田中敦子さんが定番となっていますよね。

アニメの声を当てる声優さんの印象は作品に大きく影響しますが、それが長年愛される作品であればなおのこと人々の心に強く残り続けます。

それはDC作品の本場、アメリカでも同じこと。

今回は様々な「バットマン」シリーズで声を当てていらっしゃる、アメリカの声優さん達についてご紹介したいと思います。

声優ケヴィン・コンロイ バットマンを演じ続けてかれこれ20年!

ケヴィン・コンロイ(Kevin Conroy)さんは、「バットマンと言えばこの人!」というくらい、アメリカでは有名な声優さんです。

1990年代から続くDCアニメイテッド・ユニバースの「バットマン」アニメシリーズを始め、ジャスティス・リーグ作品に登場するバットマンや、ゲーム、OVA、映画はもちろん、テーマパークのアトラクションまでバットマンの声はほぼこの方が声を当てていらっしゃると言っても過言ではないでしょう。

ちなみに現時点では、「一つの役を長く演じている声優」としてはこの方の記録が一番長いそうで、それ以前の記録は1960~1980年代に同じくバットマン役を演じていた声優オラン・スールさんだそうです。

バットマンは長く愛され続けている作品だけに、声の印象も強くめったに変更できないのでしょうね。

ちなみにケヴィン・コンロイさんは俳優としても精力的に活動されており、アメリカだけでなくイギリスのテレビドラマや映画などにも多数出演されています。

また、ケヴィン・コンロイさんは、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の際には、現場で活動する警察官と消防士のために調理係としてボランティアを行いました。

その際、キッチンからバットマンの声で述べた激励の言葉は、多くのバットマンファンに拍手と喝采をもって迎えられたそうです。

超ベテラン俳優のマーク・ハミル 実はあのキャラクターの声も

俳優のマーク・ハミル(Mark Hamill)さんと言えば、「スター・ウォーズ」でルーク・スカイウォーカーを演じたことで有名ですが、実は声優としても活動していらっしゃるのをご存知でしょうか?

しかも、その役はなんとあのジョーカーなのです!

純情で真っ直ぐな性格のルークと、狂人でサイコパスなジョーカーとでは真逆のキャラクターに思えますが、マーク・ハミルさんはアニメシリーズだけでなく、OVAやゲームなど様々な媒体でジョーカーを演じていらっしゃいます。

また、ドラマ「ザ・フラッシュ」にはフラッシュの敵の一人であるトリックスター役として出演しており、同じくアニメ「ジャスティス・リーグ・アクション」でも同役を演じていました。

特に面白いのが、「ジャスティス・リーグ・アクション」でマーク・ハミルさん本人がアニメ出演するという回です。

マーク・ハミルさん自身が、マーク・ハミル、ジョーカー、トリックスターの共演するストーリーを一人三役で演じておられ、マーク・ハミルの演技力に騙されたジョーカーとトリックスターが、まんまとしてやられるという、とても面白い話になっています。

「ジャスティス・リーグ・アクション」は、DCキッズのサイトで視聴出来ますので、気になる方はチェックしてみて下さいね!

(日本語吹き替え版は、現在24話まで作成されています)

余談ですが、マーク・ハミルさんは日本作品の吹き替えもされており、ジブリ作品「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐や、ゲーム「龍が如く」の真島吾朗の声などの声も当てていらっしゃいます。

Justice League Action | Missing the Mark | DC Kids

人気アイドル声優のタラ・ストロング あの2人が実は同じ声?

次にタラ・ストロング(Tara Strong)さんを紹介したいと思います。

この方もアメリカでは有名な声優さんで、特に1990年代のDC作品ではバットガール(バーバラ・ゴードン)役としてお馴染みでした。

その他にも「ティーン・タイタンズ・ゴー!」のレイヴン役や、パワー・パフ・ガールズなど多数のアニメキャラクターの声を当てておられ、今やカートゥーン・ネットワークには無くてはならない存在となっています。

近年はハーレイ・クイン役にシフトしているようで、「DCスーパーヒーロー・ガールズ」シリーズ、アニメ「ジャスティス・リーグ・アクション」、映画「ニンジャ・バットマン」、ドラマ「ARROW」、さらに近年のゲームシリーズのハーレイは全てタラ・ストロングさんが演じていらっしゃいます。

さらに「DCスーパーヒーロー・ガールズ」シリーズ、「ニンジャ・バットマン」では、ハーレイ・クインだけでなく、ポイズン・アイビーの声も当てていらっしゃるのです!

ゴッサムを代表する悪女であり親友の2人が、実は同じ声優さんと知り驚きました。

また、2019年3月8日に放送が開始された、最新アニメ「DCスーパーヒーロー・ガールズ」のテレビシリーズでは、バットガールとハーレイ・クインの両方の声を担当していらっしゃいます。

「バットマン」の2大ヒロインであるヒーローとヴィランが、実は同じ声というのも面白いですね。

こうして見ると、多数の作品で役の掛け持ちをする事の多いタラ・ストロングさんですが、一つの作品内で複数の役を演じられるというのは、きっと表現力が豊かである証拠なのでしょう。

余談ですが、1990年代のアニメシリーズからハーレイ・クインを演じていらっしゃったアーリーン・ソーキンさんは、ハーレイ・クインの生みの親であるポール・ディニとブルース・ティムがキャラクターの原型として参考にしたまさにその人なのだそうです。

大役を引き継いだタラ・ストロングさんの、今後の活躍に期待ですね!

ちなみにこのタラ・ストロングさんですが、アニメソングだけでなく普通に歌も出しており、iTunesで検索すると出てきます。

気になる方は、下のリンクから視聴してみて下さいね!

コメント