バットマンの悪役ハーレイ・クイン単独TVシリーズが制作決定!公開は2019年10月から

映画「スーサイド・スクワッド」や、「DCスーパーヒーロー・ガールズ」などのアニメにも出演し、躍進を続けるハーレイ・クイン。

彼女はもともと、アニメ「バットマン」のオリジナルキャラクターとして創造され、その人気から現在ではDCを代表するキャラクターの一人となっています。

そんなハーレイ・クインがこの度、単独でテレビデビューする事がわかりました!

公開は2019年10月中旬とされており、海外ファンの間でも今から期待が高まっています。

今回は、このテレビシリーズについて現在分かっている情報をお伝えします!

バットマンの悪役ハーレイ・クイン単独TVシリーズの内容

このTVシリーズは、米国で運営されているオンライン・ストリーミングサービス「DC Universe」で配信されるオリジナルアニメです。

公式発表では、1話30分で全26話放送の、大人向けアニメーションとされています。

26話というと、日本のアニメで言えばちょうど2シーズン分ですから、一人のキャラクターを描くストーリーとしてはかなり気合が入っていますよね。

2019年10月中旬から2020年にかけて放送される予定で、あらすじは以下のようになっています。

あらすじ

ポイズン・アイビーや後にリージョン・オブ・ドゥームのメンバーとなる者たちの助けを借りながら、ジョーカーの元カノ、ハーレイ・クインが大活躍!

ハーレイ・クインが主人公ですから、ジョーカーと破局した後のストーリーなのは納得ですね。

このシリーズではジョーカーと別れたあと、彼女自らがゴッサムで犯罪界のクイーンになろうとします。

また、サブキャラクターとしてはジョーカーやポイズン・アイビーだけでなく、歴代のヒーローやヴィラン達が多数登場する予定だそうです。

ちなみにリージョン・オブ・ドゥームとは、ジャスティス・リーグに対抗する悪役(ヴィラン)たちの同盟です。

メンバーはスーパーマンの宿敵であるレックス・ルーサー率いる12人で、ワンダーウーマンの宿敵チーター、アクアマンの宿敵ブラック・マンタ、ザ・フラッシュの宿敵ゴリラグロッド、グリーンランタンの宿敵シネストロなどが顔を連ねています。

アニメ「Challenge of the Superfriends」で初めて登場したこの悪役同盟たちと、ハーレイ・クインがどのように関わっていくのでしょうか?

昨今はヒーローとしてのハーレイ・クインが主流となっていますので、ここであえて悪役(ヴィラン)としての彼女をテレビシリーズとして出してくるとは正直思いませんでした。

やっぱり、なんだかんだ言って悪役としてのハーレイも人気があるんでしょうね。

バットマンの悪役ハーレイ・クイン単独TVシリーズ公開PV(翻訳付き)

気になる内容ですが、2018年にニューヨークで公開されたWarner Bros TVの公開PVを、YouTubeで見ることができます。

動画内のセリフをざっくり翻訳しておきましたので、動画視聴の参考にどうぞ。

HARLEY QUINN New York Comic Con 2018 First Look #WBNYCC

H「(コンコン)ニューヨークにいる皆、調子はどう?今度「DC Universe」で私の新シリーズが発表されるの!これ見たらビックリし過ぎてチビっちゃう事受け合いよ!」

P「あ~多分みんな気に入らないと思うわ。全体的にね」

H「笑いあり、アクションあり、有り得ないほどバイオレンスで、デッドプールのアニメとは全然違う感じになるわよ!」

P「現実的で、面白みのない、暗い感じの話になると思うわ。だってDCだもの」

H「・・・テレビや映画の制作ではよくある話よね。でも、私の新シリーズではそうさせるもんですか!楽しくあのピー野郎どもをぶちのめして・・・」

B「面白くないな、アーカム・クイン」

P「彼もいるし」

H「空気の読めないやつ・・・」

H「これがロゴ?いいじゃない」

P「今に嫌いになるわ」

 

部屋の様子と二人の服装からして、場所はアーカム・アサイラムでしょうね。

ニューヨークのコミコン会場にいる人たちに向けて衛星生中継、と言ったところでしょうか。

物凄く楽天的なハーレイと、悲観的が過ぎるアイビーのやり取りが面白いです。

そして、一瞬だけ登場して水を指していくバットマン(笑)

『アーカム・クイン』とは、言い得て妙ですね。

バットマンの悪役ハーレイ・クイン単独TVシリーズのここが凄い!

上のPVをご覧になってみて、いかがでしたか?

私が初めて見たときに思ったのは、「絵が!絵が凄い好み!」でした(笑)

1990年代に放映されていたテレビシリーズのブルース・ティム風な絵柄を踏襲しながらも、現代的に洗練された作画。

個人的に子供の頃に見たアニメ「バットマン」がすごく好きだったので、あれをそのままリメイクして現代風にアレンジした様な作画はとても気に入りました。

オリジナルアニメ「バットマン&ハーレイ・クイン」も好きでしたが、あれよりもずっと進化したアニメーションだと思います。

画面に写っているのはハーレイとアイビー(あとちょっとだけバットマン)だけでしたが、それでも二人の顔や全体的なバランス、陰影の付け方が凄く綺麗です。

これは他のキャラクターたちも期待が持てます!

あとちゃんとハーレイがピエロ衣装を着ているのも個人的にはポイントが高いですね。

昨今の金髪ツインテールなスーサイド風衣装も可愛くて好きですが、この姿で見慣れているせいかなんとなくこっちの方が落ち着きます(笑)

あと、あらすじを読む限りハーレイがヒーロー活動をしていないらしいのも良いです。

(もっとも、蓋を開けてみるまでは何とも言えませんが・・・)

やっぱりハーレイはヒーローよりも悪役(ヴィラン)の方が私は好きだなあ。

残念ながら「DC Universe」サービスは米国でしか視聴できないため、リアルタイムで追うのは難しそうですが・・・。

日本に輸入されるかどうかは分かりませんが、DVDとかになったら見られると思うので、期待して待っていようと思います。

コメント