もう一人のコンスタンティンARROWバース演じるマット・ライアン

今なお根強い人気を誇る映画「コンスタンティン」。

主演のキアヌ・リーブス演じるコンスタンティンが最高にカッコよかったこの映画ですが、同時に原作の設定やキャラクターは大きく改変を受けています。

映画で初めてコンスタンティンを見た人からすれば、「キアヌのキャラクターがめちゃくちゃカッコよかったからそれでいい!」と十分満足のいく作品でしたが、実はもう一つの実写化された「コンスタンティン」が存在するのをご存じでしょうか?

実は、2014年~2015年にかけてアメリカでは本作品のテレビシリーズが作成されていたのです!

この記事では、テレビドラマ版「コンスタンティン」の内容および、コンスタンティンを演じた俳優マット・ライアン、そして気になる今後の映画化についてお伝えします。

TVドラマ版「コンスタンティン」ってどんな内容?

【Amazon】Constantine: The Complete Series [Blu-ray]

まず初めに断っておかなければならないのですが、このテレビドラマ「コンスタンティン」は、1シーズンで打ち切りとなっています。

理由としては諸説ありますが、やはり単純に視聴率がイマイチだった事が原因のようです。

ですがいくつかの大手レビューサイトの評価を見てみるとそれほど悪い点数でもなく、レビュー内容なども好意的に書かれているものが殆どでした。

それでは、早速気になる内容を見ていきましょう!

あらすじ

過去のトラウマからアメリカの精神病院に入院していたコンスタンティンは、そこである女性の除霊を行います。その霊が残したメッセージから、かつての旧友の娘リブ・アバディーンが危険だと知ったコンスタンティンは彼女の元を訪れます。最初は疑っていたリブでしたが、亡くなった隣人が悪霊となって彼女を襲いその窮地をコンスタンティンに救われます。オカルト探偵としての仕事をアメリカで再開したコンスタンティンは、これ以降様々な事件に関わっていくことになりますが・・・?

基本的に一話完結ものであるこのドラマは、原作同様何か一つの事件が解決しても、大抵は後味の悪い結末が待っています。

ドラマには映画でお馴染みのチャド・チャンドラーやパパ・ミッドナイト、コンスタンティンに味方(?)する謎の天使マニーなども登場しますが、チャドの外見は原作版どおり割と普通のオジサンです(笑)

商業的にはイマイチだった本作ですが、内容としては割と良くできており個人的には面白かったです。

残念ながら現在はこのドラマを放送してくれる動画配信サービス等(※)もなく、Blu-rayも翻訳版が発売されていません。

※過去にはNETFLIXで放送されていました。

NETFLIXは近年、「ブラックライトニング」「タイタンズ」などDC原作ドラマに力を入れているので、ついでに「コンスタンティン」も配信を復活させてくれると良いのですが・・・。

余談ですが、コンスタンティンが精神を病むきっかけとなった事件の被害者であるアストラという少女のエピソードは、原作に準拠しています。

悪魔祓いの際に起きた手違いから何の罪もない少女を悪魔と共に地獄へと送ってしまったコンスタンティンは、それ以降長く苦しみ続け映画にも登場したレイヴンスカー精神病院に入院します。

時には敵対する悪魔に「悪魔払いの呪文を止めればあの少女を返してやる」と交換条件を出されたりもしますが、後のエピソード(コンスタンティンが40代の時)で無事この少女の魂を解放する事に成功しました。

コンスタンティンを演じる俳優マット・ライアン

ドラマ版コンスタンティンを演じるのは、ウェールズ出身の俳優マット・ライアンです。

1981年生まれのマット・ライアンは、これまでの経歴を見るとそれほど有名という訳ではなさそうですが、ドラマ「クリミナルマインド」やゲーム「アサシンクリード」等に出演し、2014年にドラマ「コンスタンティン」の主役コンスタンティン役に抜擢されました。

原作ではイギリス人(リバプール出身)であるコンスタンティンをウェールズ出身のマット・ライアンが演じたわけですが、イギリス訛りだけでなく見た目も原作にそっくりです!

正直最初に見た時、「よくここまで似た人を探してきたもんだなあ」と思ったほどで、金髪にくたびれたコート、さらにちょっと人を小馬鹿にしたような表情まで、コミックスからそのまま出てきたみたいです(笑)

【Amazon】Hellblazer Vol. 10: In The Line Of Fire

Nico
Nico

個人的に一番似ていると思うコミックスの表紙(笑)

ちなみに、放送の都合上マット・ライアン演じるコンスタンティンは、喫煙シーンがほぼカットされています。

コンスタンティンと言えば映画版でもそうだったようにかなりのヘビースモーカーとして知られていますが、近年は喫煙習慣に対して視聴者側もあまり良い顔をしないからだそうです。

さらに、原作ではコンスタンティンはバイセクシュアルであると描写されていますが、その設定についてもこのドラマシリーズでは触れられていません。

このことについてドラマ版ライターのダニエル・セロンは、「コンスタンティンが男性と寝ている描写があるのは彼がだいぶ年を取ってからの話で、現時点から少なくとも20年くらい先の話だから」と言及しました。

この件についてはLGBTの団体から反発もあったようですが、喫煙と性的嗜好を除けばマット・ライアンのジョン・コンスタンティンはほぼ原作に忠実だと評価されています。

ちなみに、マット・ライアンはこのドラマを通してすっかりコンスタンティン役として定着したようで、ARROWバースの他作品にも同役で何度も出演を果たしています。

さらに以前ご紹介した「ジャスティス・リーグ・ダーク」などのアニメ作品でもコンスタンティンの声を当てており、すでにアメリカではコンスタンティンと言えばマット・ライアンという認識になりつつあるようです。

【Amazon】ジャスティス・リーグ:ダーク [Blu-ray]

【Amazon】DC Constantine: City of Demons [Blu-ray]

ちなみに、こちらの「City of Demons」は、上記のアニメ映画「ジャスティス・リーグ・ダーク」のスピンオフ作品です。

2部構成になっている本作は、2019年1月にBlu-rayが発売されました。

チャズの依頼を受け、悪魔に憑りつかれた少女トレイシーを救うため、ロンドンからアメリカに渡ったコンスタンティンが奮闘します。

過去に起きたアストラの事件のトラウマから、今度こそどんな手段を使っても少女を救おうと悪魔ネルガルの取引に応じるなど、コンスタンティンの葛藤する姿が見所です。

コンスタンティンは映画で復活できるのか?

先にも述べましたが、コンスタンティンはDCでも割と人気のあるキャラクターで、ARROWバース(ドラマ世界)の別作品にもちょくちょく出演しています。

最近では「THE LEGEND OF TOMORROW」(※)にも出演しており、第3シーズンでの出演に続き第4シーズンではほぼ準レギュラーと言って良いほど出番があります。

※2016年から始まったARROWバースのスピンオフドラマ。タイムラインを守護するチームメンバー達が時空改変を阻止するため活動する。現在も制作が続いており、2020年には第5シーズンが発表される予定。

【Amazon】レジェンド・オブ・トゥモロー 4th シーズン[Blu-ray]

Nico
Nico

表紙の左下にばっちりコンスタンティンが写っています!

ですが、DCEU(映画)とARROWバース(ドラマ)はあくまでも別世界であり、これまでもドラマと映画ではキャラクターの俳優は必ず別の人物がキャスティングされてきました。

同じくドラマと映画両方で活躍するヒーローとして記憶に新しいのは、フラッシュのグラント・ガスティン(ドラマ)とエズラ・ミラー(映画)などです。

ちなみに映画版「コンスタンティン」を演じたキアヌ・リーブスは、「コンスタンティンは大好きな役だ。もしこの先映画化する予定があるなら是非やりたい」とも語っています。

せっかくやる気になってくれているのなら、ファンとしては是非ともキアヌにカムバックして欲しいところ!

今のところそういった情報は入ってきていませんが、「スーパーガール」のように今後ドラマ出演を通してコンスタンティンの人気がもっと高まっていけば、映画化の話もより現実味を帯びてくるかもしれません。

この先制作が発表されている作品のなかで最もコンスタンテイン登場の可能性が高いのは、やはり「ジャスティス・リーグ・ダーク」でしょう。

DCEUの現状とコンスタンティン本来のダークな作風からして、おそらくDCEU世界にそのまま組み込まれる事は難しいかもしれませんが、2019年10月に公開される「JOKER」のように単独作品としてなら可能性があるかもしれませんね!