映画「ジョーカー」感想&見所とキャストを紹介<ネタバレなし>

映画「ジョーカー」が2019年10月4日に日米同時公開されました。

本作は「スーパーマンvsバットマン」や「ジャスティス・リーグ」などのDCEUシリーズとは別世界としてワーナーが創り出した、DC BLACKシリーズ作品の第一弾となります。

この記事ではまだ映画を観ていない方のために、ネタバレなしで本作品の見所と、知っておくとより作品を楽しめる予備知識についてご紹介したいと思います。

なお既に映画を観たという方で内容をより詳しく知りたいという方は、ネタバレありの記事をご覧ください。

Nicoの映画「ジョーカー」感想と作品の見所

まず最初に言っておくことがあります。

この映画、非常に、暗いです!

そんな事は公開前から分かっていた事ですが、MARVELに比べ全体的に暗めなDC作品の中でも群を抜いて暗く重厚な異色作となっています。

もちろん良い意味での暗さなのですが、これを単にコミック映画の一つとして観てしまうとその世界観に置いてけぼりをくらうと思いますので、これから観る方は注意してください。

(特に地上波で放送していた「スーパーマンvsバットマン」あたりを見て、流れでデートで見に来ようとしているカップルw)

本作品はバットマンの永遠の宿敵ジョーカーのオリジンを描いた作品ですが、原作ファンがこれまで見てきたものとは180度違います。

実をいうとジョーカーはその知名度と人気にも関わらず、オリジンがハッキリしていないキャラクターです。

逆に言うとだからこそ創造の余地があり、それがジョーカーのミステリアスな魅力の一つでもあります。

数あるオリジンのなかで最も有名なのは、「バットマンに追われ化学薬品のタンクに落ちた小悪党の男がそのショックで気がふれジョーカーになる」というもので、この設定を採用した代表的な作品がアラン・ムーア作「ザ・キリング・ジョーク」です。

「もともとは善人だった人間が、不幸な状況に置かれたことにより悪人に転じる」というのはよくあるストーリーですが、この作品の主人公であるアーサー・フレックも最初はとても心優しい人物として登場します。

自身の持病に苦しみながらも、一緒に住む母親の面倒を見つつ、笑いを愛し、仕事を愛し、いつかコメディアンとして成功する夢を持って真面目に生きています。

真面目過ぎて、優しすぎて、世間から悪意を向けられてもやり返す事も出来ず、ただただ不幸な境遇に耐えているような人間です。

ただし、ジョーカーが元は売れないコメディアンだったという点は「ザ・キリング・ジョーク」と共通していますが、それ以外は完全なオリジナルとなっています。

そもそも主人公アーサーがジョーカーに変貌する本作品内でのバットマンはまだ子供で、作中ではほんの少ししか登場しません。

代わりに全編を通して登場し、アーサーに多大な影響を与えるのがブルース(後のバットマン)の父親であるトーマス・ウェインです。

このトーマスの描かれ方も、これまでの作品とはかなり違っています。

過去作品ではあくまでもトーマスを「ブルースから見た父親」として描写しており、彼は「人格者」で「博愛的」で「模範的な理想の父親」でした。

それがアーサー(および一般市民)の目から見ると、その評価が逆転してしまいます。

長引く不況とや予算縮小により打ち切られる福祉、頻発するスト、そして荒廃していく人々の心。

ウェイン家に関連する企業で働く一部のエリートを除き、普通の人たちは日々悪くなっていく生活で困窮し、上流階級への不満と怒りを募らせていきます。

そんな情勢のなか、「このゴッサムシティを良くするために」と言って市長選に出馬しようとしているトーマス・ウェインも、「こいつに自分たちの生活の苦しさなんかわかりっこない」と思わせる偽善的な人物にしか見えません。

個人的に、こういう視点の転換、すごく好きです!!

それがこの映画では至る所に同じようなギミックが仕掛けられていたので、もう観ながら大興奮でした。

ホアキン・フェニックス演じるアーサー(ジョーカー)にぐいぐい引き込まれて観ていたら、今まで知っていたはずのあのキャラクターもこのキャラクターも、あの設定もこの設定も、全部逆転してしまったという感じです。

特にかねてから疑問だったブルースの両親(トーマス・ウェインとマーサ・ウェイン)が殺された状況について、一つの解が出されました。

このシーンはこれまでの過去作品において幾度となく描かれてきましたが、私が疑問だったのは「どうしてこの親子はわざわざ人気のない路地裏なんかにいたんだろう?」という点です。

何度も言いますが、ウェイン家は大金持ちです。

大企業ウェイン産業の創業者一家であり、広大な屋敷に住み、家には執事のアルフレッドをはじめ使用人が何十人もいます。

そんな彼らが護衛もつけずに、決して治安が良いとは言えないゴッサムシティを夜中に無防備に歩いているなんておかしいと思いませんか?

それもわざわざ人気のない路地裏を選んで歩くなんて、悪党に襲ってくださいと言っているようなものです。

本作はその理由がすごく腑に落ちるストーリー展開で描かれていました。

以前の記事でもこのシーンをどのように作るかが見所の一つだと書きましたが、ストーリー全体の展開に上手く組み込む形になっていて嬉しくなりました(楽しいシーンではないけれど)。

他にもアーサーとトーマスの関係、アーサーとソフィーの関係、アーサーと母親の関係などなど、最後までとことん裏切られ続けます。

そして、その裏切られ続ける本人であるアーサーことジョーカーは、最後にどのような行動に出るのか・・・?

それは是非、劇場で確かめてください。

映画「ジョーカー」の登場人物を演じた俳優たち

登場人物たちの紹介を詳しくしてしまうとネタバレになってしまうため、ここでは映画に登場した俳優たちの簡単な紹介を行いたいと思います。

とは言っても映画に関係するいろいろなトリビアを含んでいますので、予備知識としてお楽しみください。

ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック/ジョーカー)

本作品で現代的なジョーカーを演じたのは、ベテラン俳優のホアキン・フェニックスです。

現代的とはいっても本作品の舞台は1981年とされているので、今から40年近く前の設定になりますが、2019年の観客から見ても違和感なく、アーサーが徐々に狂気を露出しジョーカーとなっていく様を観ることができます。

アーサーの役作りのためホアキンは24キロも減量を行ったそうです。

そのかいあって、劇中で肋骨が浮き出るほどにガリガリのアーサー(ジョーカー)は、その不遇で不幸なキャラクター性をこれでもかと言うほど醸し出しています。

ちなみにホアキンはこの映画の企画を知った際、「これぞ自分の作りたいと思っていた映画だ!」と大興奮したそうです。

ホアキンは以前MARVELからの出演依頼を断っていますが、その理由として「型にハマりすぎている」事が不満だったからだと述べています。

何かに「悪」のレッテルを貼り、それを「正義」が倒すという構図はヒーローものとして必要な要素ではありますが、現実の人生はそうではありません。

本作のジョーカーにしても彼が誕生する理由は一つではなく、何重にも重なり合った出来事が複雑に作用しながらアーサーをジョーカーにしていきます。

その点この映画は独特の世界観を持っており、典型的なスタジオ映画とは違うと感じたそうです。

もしも「ジョーカー」がDCEUのような路線なら、ホアキンは出演を引き受けなかったかもしれませんね。

ところで、日本で公開されるメジャー映画としては珍しく本作品には吹き替え版が用意されていません。

私はもともと字幕派なので問題ありませんが、吹き替え派の人には残念ですね。

今後作成される可能性も捨てきれませんが、まずは字幕でホアキン・フェニックスの演技をそのまま楽しむのも良いと思います。

ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン)

コメディトーク番組の司会者マレーを演じたのは、名優ロバート・デ・ニーロです。

ロバート曰く、マレーの役作りにあたり1983年に自身が出演したブラックコメディ映画「キング・オブ・コメディ」を参考にしていたそうです。

確かにこの映画の主人公ルパート(ロバート・デ・ニーロ)と、彼が憧れる大物コメディアンのジェリーとの関係は、アーサーとマーレイの関係によく似ています。

ザジー・オリビア・ビーズ(ソフィー・デュモンド)

アーサーが思いを寄せるシングルマザーのソフィーを演じたのは、映画「デッドプール2」でドミノを演じたザジー・オリビア・ビーズです。

ザジーは実はホアキン・フェニックスの大ファンであり、彼との共演を「非常に誇らしい」と語っています。

彼女とアーサーとの関係はこの映画の非常に重要な見所の一つですので、是非とも注目しておいてください!

知っておくとちょっと自慢できる映画「ジョーカー」についてのトリビア

オーロラ劇場事件

2019年10月4日の日米同時公開を皮切りに世界中に配信されている映画「ジョーカー」ですが、実は本場アメリカで放映されていない劇場が一つあります。

それが、2012年7月20日に当時としてはアメリカ史上3番目に多くの犠牲者を出した、コロラド州オーロラにある「センチュリー16劇場」です。

当時劇場ではバットマン・トリロジーの第三作目である「ダークナイト・ライジング」が上映されており、犯人のジェームズ・イーガン・ホームズによって12人の死亡者と70人の負傷者を出しました。

なおこの犯人は12人を殺害した罪として、3318年の終身刑を受けています。

このためいくつかの被害者家族がワーナーに今回この映画を放映しない事を要請し、ワーナー側もその意向を組み入れた形となります。

さらにワーナーはこの映画の影響力を危惧してか、9月28日のプレミア上映ではレッドカーペット周辺への立ち入りをカメラマンのみに限定。

また、アメリカ最大の映画館チェーンであるランドマークシアターは、本作品上映中に観客がジョーカーの衣装を着る事を禁止しています。

コミック映画初の快挙

本作品は今年のヴェネチア国際映画祭で、コミック映画としては初となるグランプリを獲得しています。

また、トロント国際映画祭でもホアキン・フェニックスが「傑出した演技を見せた俳優」に送られる新設の功労賞「TIFFトリビュート・アクター・アワード(TIFF Tribute Actor Award)」を受賞しています。

ひょっとするとこの勢いで、オスカーでも受賞を果たすかも・・・?

続編の可能性

近年は映画の反応が良ければすぐにでも次回作の予定が発表される事が多いですが、本作品については続編の予定はない様です。

当初プロデューサーのトッド・フィリップスは、「映画の興行成績が良く、ホアキンが意欲を持ってくれるのであれば続編を制作するかもしれない」と言及していましたが、後にきっぱりとその可能性を否定しています。

またワーナー側の方も本作品をあくまでもDC BLACKシリーズが世間に受け入れられるかどうかの試金石と見ているようで、公開から一日以上経っても続編制作は発表されていません。

ジョーカー役をオファーされていたレオナルド・ディカプリオ

当初ワーナーはジョーカー役にレオナルド・ディカプリオを起用しようとしていました。

そのためレオナルドと近しいマーティン・スコセッシを通してオファーをしようと考えていたようですが、後により役に相応しいホアキン・フェニックスが候補に挙がったことで彼を起用する事に決定します。

またプロヂューサーのトッド・フィリップスはホアキンありきで脚本を制作したとも述べており、レオナルド・ディカプリオがコミック映画に出演する可能性があったかどうかは別として、もし彼がオファーを引き受けていたら全く別の映画になっていたでしょうね。