【最新版】2020年以降公開予定のDC原作映画まとめ

昨年の2019年には、3つのDC原作映画が公開され話題を集めました。

DCEUシリーズで最も興行的成功を収めた「アクアマン」に始まり、フォーセットコミックから移行しリメイクされた「シャザム!」、そして興行成績が10億ドルを超え数々の映画賞を受賞した「ジョーカー」です。

そして今年の2020年以降にも、続々と新作映画の公開が予定されています!

この記事では、現在公開が決定している作品リストをお知らせしたいと思います。

また、公開日のみ決定してはいるものの計画が現在進行中の作品も含めて、出来る限り情報を集めました。

それでは早速見ていきましょう!

2020年公開が決定しているDC原作映画

今年の2020年には、2本の作品が公開されます。

しかも驚くべきことに、そのどちらもが女性ヒーローをテーマとした作品です!

今年は強く美しい女性ヒーローが熱い1年になりそうですね!!

「バーズ・オブ・プレイ~ハーレイ・クインの華麗なる覚醒~」

  • 全米公開 2020年2月7日
  • 日本公開 2020年3月20日
  • 監督   キャシー・ヤン
  • 脚本   クリスティーナ・ハドソン
映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』US版予告 2020年3月20日(金)公開

映画「スーサイド・スクワッド」で一躍有名となったハーレイ・クインを主人公とするスピンオフ作品です。

主演のハーレイ・クインは変わらずマーゴット・ロビーが演じます。

本作での彼女はジョーカーやスーサイド・スクワッドのメンバー達と離れ、ゴッサム・シティで新たな仲間と共に「バーズ・オブ・プレイ」というチームを結成し、悪役ブラック・マスクと戦います。

「ワンダーウーマン1984」

  • 全米公開 2020年6月5日
  • 日本公開 2020年6月某日
  • 監督   パティ・ジェンキンス
  • 脚本   パティ・ジェンキンス、ジェフ・ジョンズ、デビッド・キャラハム
映画『ワンダーウーマン 1984』US版予告 2020年6月公開

映画「ワンダーウーマン」に続き、ワンダーウーマンことダイアナ・プリンスを主人公とした単独映画作品です。

前作で死んだはずの恋人スティーブ・トレバー大佐(クリス・パイン)の登場や、ワンダーウーマンの宿敵の一人である、半人半獣のチーター(クリステン・ウィグ)が悪人(ヴィラン)として登場する事がわかっています。

また、ストーリーの中で重要な役割を果たす人物として、マクスウェル・ロード(ペドロ・パスカル)が出演します。

2021年公開が予定されているDC原作映画

2021年は前年とは一転し、ダークなヒーローや悪役が活躍する年になります。

まだ公開が少し先なので日本公開日や一部キャストなどが未定のものもありますが、よほどの事がない限りこの3作品は公開されると見て間違いないでしょう!

「ザ・バットマン」

  • 全米公開 2021年6月25日
  • 日本公開 未定
  • 監督   マット・リーブス
  • 脚本   マット・リーブス

DCEUでバットマンを演じたベン・アフレックが降板し、若い俳優にバトンが渡されることになった本作は、バットマンの若い頃をテーマにした作品になるようです。

監督および脚本は、「クローバーフィールド」や「猿の惑星」で知られるマット・リーブスです。

現在判明している主要キャストは以下の通りです。

  • バットマン(ブルース・ウェイン):ロバート・パティンソン
  • キャットウーマン(セリーナ・カイル):ゾエ・クラヴィッツ
  • ジェームズ・ゴードン:ジェフリー・ライト
  • リドラー(エドワード・ナッシュトン):ポール・ダノ
  • アルフレッド・ペニーワース:アンディ・サーキス
  • ペンギン(オズワルド・コボルポット):コリン・ファレル

「ザ・スーサイド・スクワッド」

  • 全米公開 2021年8月6日
  • 日本公開 未定
  • 監督   ジェームズ・ガン
  • 脚本   ジェームズ・ガン

デヴィッド・エアー監督により作成された前作「スーサイド・スクワッド」に続き、新たにジェームズ・ガン監督によりリブートされる事になった映画です。

マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインをはじめ、主要キャラクターの殆どが前作から続投する事がわかっています。

「ブラックアダム」

  • 全米公開 2021年12月22日
  • 日本公開 未定
  • 監督   ジャウマ・コレット=セラ
  • 脚本   オットー・ビンダー、C.C.ベック

2019年に公開された「シャザム!」の主人公シャザムの宿敵として長らく愛されてきたブラックアダムの単独主演映画です。

当初このブラックアダムは映画「シャザム!」に悪役として出演する予定でしたが、制作側の方針により単独映画で主演デビューする事が決定します。

主演のブラックアダムはドウェイン・ジョンソンが務めます。

2022年公開が予定されているDC原作映画

2022年に公開が予定されている作品はいくつかありますが、この辺りはまだ企画段階と言えそうです。

とりあえず公開日は決まっているものの、「監督やストーリーについてはこれから・・・」という感じで、もしかすると頓挫する可能性も捨てきれません。

出来れば全作品が首尾よく公開されて欲しいですね!

「シャザム!2」

  • 全米公開 2022年4月1日
  • 日本公開 未定
  • 監督   未定
  • 脚本   ヘンリー・ゲイデン

前作「シャザム!」の成功に続き、早くも続編の公開が発表されています。

ただし、前作で監督を務めたデイヴィッド・サンドバーグはまだ正式には契約に署名しておらず、続投が期待されています。

主要キャストとしては、前回に引き続きザッカリー・リーヴァイがシャザム役を務めると見られています。

「DCスーパーペット」

  • 全米公開 2022年5月22日
  • 日本公開 未定
  • 監督   ジャレッド・スターン
  • 脚本   ジャレッド・スターン

一風変わって、こちらはDCヒーロー達の相棒ともいえるペット達を題材にしたアニメーション映画です。

同じくアニメーション映画で作成された「ティーン・タイタンズGO!」と同じく、家族向けになると見られています。

「ザ・フラッシュ」

  • 全米公開 2022年7月1日
  • 日本公開 未定
  • 監督   未定
  • 脚本   デヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック

ジャスティス・リーグの主要メンバーの一人であるフラッシュの単独映画です。

長らく映画「ジャスティス・リーグ」でフラッシュ役を演じたエズラ・ミラー主演で話が進んでいましたが、境遇に恵まれずなかなか実現していません。

これまでに何人かの監督や脚本家が就任しましたが、結局現在まで正式にGOサインは出ておらず、現在は「バーズ・オブ・プレイ」のクリスティーナ・ハドソン監督が引き継ぐ方向で話が進んでいるようです。

「アクアマン2」

  • 全米公開 2022年12月16日
  • 日本公開 未定
  • 監督   未定
  • 脚本   デヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック

世界的な興行成績を収めたジェームズ・ワン監督の前作に続き、続編の制作が発表されています。

ジェームズ・ワンが監督として続投するかはまだわかりませんが、主要キャストは同じくジェイソン・モモアがアクアマンを演じると予想されます。

その他制作が予定されていた作品

この他にも、公式上ではいくつかの作品の制作が発表されていましたが、どうやら実現の見込みは低そうです。

※詳しくは2019年度版のまとめ記事をご覧ください。

特に「グリーン・ランタン・コープス」なんて少し前までは2020年7月の公開とされていたのに、現在も計画が進んでいるんだかいないんだか曖昧な状態で残念・・・。

願わくば、一つでも多くの作品が実現して欲しいものです。